ゼロからはじめる☆世界一やさしい英会話スクール

苦手な英語がぺらぺらになるドキドキ☆ワクワクの魔法のメソッド!

ゼロからはじめる☆世界一やさしい英会話スクール

もうテストで点を取るだけの英語はやめませんか?日常や海外旅行で本当に役立つ「しゃべれる英語」はじめませんか?

レッスン3:「わたしは○○に行きたいんです」と言えるようになる

レッスン3

少し慣れてきた発音レッスン。前回の自己紹介の続きです。

今回のゴールは「わたしは~に行きたいんです。と言えるようになること」です。

旅行中で自分の行きたい場所を相手に伝えることはとても重要です。

 

 

確かにそうですね。

せっかくの旅行で、行きたい場所にたどり着けないのは悲しいですよね。

今回のレッスンもワクワクするフレーズが満載です。

 

 

そしてもう一つ。

日本人に最も難しいと言われる R の発音をマスターしてもらいます

とのこと。

このレッスン3では非常に多くの R の発音が出てきます。

 

 

まずはいつものように、話の流れを英語で聞きます。

 

 

おや?以前より英語が耳に入ってきます!

だんだんと英語を聞くと言う事に慣れてきたのかも知れません。

 

 

「 Where are you from ? 」

あなたの出身はどこですか。

 前回も出てきたフレーズですが、今回はより発音に気をつけ、

様々な出身地で答えていきます。

 

 

さっそく R が出てきましたね。

今まであまり意識していなかったのですが、けっこうよく出てきているんですね。

ナレーターの発音をよく聞き、極力真似をして答えます。

 

 

I want to go to ~

わたしは~に行きたい

さらにいろいろなパターンで練習します。

 

 

前回のレッスンで明かされた事実、タカシ君がアメリカに行きたいという事。

エミリーの出身地がアメリカだと知ったタカシ君は調子に乗り

エミリーにいろいろと問いかけます。

 

 

 そんな2人のやり取りを聞きつつ、ナレーターの質問に答えていると

いつの間にかなんとなく R の発音が出来るようになり

いつの間にか出身地を答えることと、○○に行きたい、が話せるようになっているでは

ありませんか!!

 

 

これが、質問形式の英語レッスンのすごさなんですね!

この調子で英語ぺらぺら君をマスターするぞ!

 

 

今回のレッスンの無料サンプルです。聞いてみてください。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/sampleaudioj/L3.mp3

 

英語ぺらぺら君初級編の教材はコチラ 

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法