ゼロからはじめる☆世界一やさしい英会話スクール

苦手な英語がぺらぺらになるドキドキ☆ワクワクの魔法のメソッド!

ゼロからはじめる☆世界一やさしい英会話スクール

もうテストで点を取るだけの英語はやめませんか?日常や海外旅行で本当に役立つ「しゃべれる英語」はじめませんか?

レッスン2:自己紹介が出来るようになる

レッスン2

前回のレッスンを何度か練習し、だいぶスムーズに会話ができるようになったので

いよいよレッスン2に進みます。

 

 

少しドキドキ、緊張します。

ちゃんとついていけるかな…。

 

 

…ゴクリ。

では、意を決してクリック! ポチッ!

 

 

また、あの優しいナレーターの声に、少しホッとします。

 

 

今回のレッスンのゴールは「基本的な自己紹介が出来るようになること」です。

うんうん、やっぱりまずはこれだよね。

でも自己紹介ですら、今のわたしには難しい課題です。

 

 

前回のタカシ君とエミリーの会話の続きが始まりました。

まず一通り聞き流します。

…が、はやり何を話しているかさっぱり分かりません(汗)

 

 

前回のレッスンの後に、何回か練習しスムーズに話せるようになったことで

わたし英語できるかも!と、妙な自信が生まれてしまったばっかりに

ガッカリしてしまいました。

 

 

レッスンを一度受けただけで出来るようになるなら苦労はないですよね。

自分の甘さにカツを入れ、再び音声を聞きます。

 

 

バーで出会った二人が、お互いの自己紹介を始めます。

 

 

「 what is your name?  I am あまり

…。

あまり? 誰? 

えーん。もう訳がわかりません。

 

 

あ!そう言えばタカシ君と外国人エミリーの会話という説明がありました。

あまり=エミリー 

自分のヒアリング力のなさに驚きます。ふぅ、大丈夫なのだろうか…。

 

 

続いては

 「 Where are you from? 」

あなたの出身はどこですか? ですね。うんうん。

 「 I am from the States. 」

 States ? どこのこと?

 

日本語訳で確認すると、アメリカのことらしい。

てっきり America というのかと思っていました。

どうやら United States of  America を省略した形だそうです。

他にも the U.S という言い方もあるんだとか。

いろんな表現方法があるものなんだなと学びました。

 

 

「 really? 」

「 I want to go to the States. 」

 

 和訳)

「本当?」

「私はアメリカに行きたいです。」

なんと、タカシ君はアメリカに行きたいんだそう。

 

 

ここでは really の発音の練習です。

日本人が苦手な R L の発音がやはり難しい。

ら・り・る・れ・ろの発音とは異なるそうですが

じゃあどう発音すればいいのか…。

 

 

何度も耳で聞いて、真似をしてみます。

まさに舌のストレッチ状態。

なんとなく似てきたかな?

 

 

I want to go to は、 私は~に行きたい。

この~の部分の様々な場所に変えて練習します。

 

 

その中で「私はトイレに行きたいです。」と言う例文がありました。

トイレ= restroom  の発音が、レストラン=restaurant と聞こえ

「私はレストランに行きたいです。」だと思ってしまいました。

 

 

日本語のカタカナ語と英語の発音はこんなにも違うんですね。

英会話には発音がとても重要だと実感。

この教材はそれに重視した内容になっているので

きっとぺらぺらになれる!と感じました。

 

 

一通りの意味と発音を練習した後、今日の内容の復習を行います。

ランダムに英語で質問されます。

そこに、前回習った内容の質問も出てきました。

 

 

今回の内容だけだと思っていたのでちょっと焦りましたが

前回の繰り返し練習がよかったのか、なんとか答えられました。

 

 

なんども反復練習することで、今までの内容も忘れることなく

確実に覚え込ませていきます。

 

 

英語ぺらぺら君」ただ者ではないなと、実感しました。

 

今回のレッスンの無料サンプルです。聞いてみてください。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/sampleaudioj/L2.mp3 

 

英語ぺらぺら君初級編の教材はコチラ 

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法