ゼロからはじめる☆世界一やさしい英会話スクール

苦手な英語がぺらぺらになるドキドキ☆ワクワクの魔法のメソッド!

ゼロからはじめる☆世界一やさしい英会話スクール

もうテストで点を取るだけの英語はやめませんか?日常や海外旅行で本当に役立つ「しゃべれる英語」はじめませんか?

レッスン17:デリで注文した後のお会計がスムーズにできるようになる

レッスン17

今回のレッスンは、デリでの会話の続きです。

タカシ君はデリで、サンドイッチを注文しましたが、どんな内容にするのかを聞かれました。パンとチーズを選んだ後の続きの会話です。

 

 

 Do you want it with lettuce and tomato ?

和訳)あなたはレタスとトマトは欲しいですか。

レタスとトマトの発音は日本語とまったく違うので、発音練習をして聞き取れるようにしておかなければいけませんね。

 

Yes, Please.

和訳)はい、お願いします。

逆に、断るときには No,thank you.となります。

 

The total 7.25.

和訳)合計で7ドル25セントです。

ここではドルとセントは書かれていませんし、言いません。ですが、書かれていなくても7dollar25centと言う表現の仕方もあるそうです。

 

Okay. Here is 10 dolloars.

和訳)分かりました。10ドルです。

 

ふぅ~

コーヒーとサンドイッチを注文するだけで、こんなに疲れてしまうなんて…(笑)

 

お店によっても内容は違うと思いますが、内容の問われ方と答え方のパターンを覚えることが出来れば大丈夫ですね。

後は英語での発音をしっかり聞きとれるようになること!

しっかり発音練習が大切です。

 

 

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

</p

レッスン16:デリでコーヒーとサンドイッチをたのめるようになる

レッスン16

タカシ君はお腹が空いたのでデリに食事に行くことにしました。

今回のゴールは「デリでコーヒーとサンドイッチをたのめるようになる」です。

 

アメリカのデリでは日本と違って、どんな種類のパンがいいのか、レタスとトマトを入れるのか、どんなチーズを選んで、どんなソースを入れて欲しいのか、など細かいところまで聞かれるそうです。

 

自分の好みの物を食べられるのは嬉しいのですが、これを英語で聞かれたら…

頭が真っ白になりそうです。

 

 

 What kind of bread do you want?

和訳)どんな種類のパンがいいですか。

 

What kind of =どんな種類

 

plain bread please.

和訳)プレーンパンをください。

 

 

What kind of cheese do you want?

We have Swiss, goat, American,and Cheddar.

和訳)どんな種類のチーズがいいですか。

スイス、ゴート、アメリカンとチェダーがあります。

 

American please.

和訳)アメリカンをください。

 

どちらもWhat kind of を使って、どんな種類かを後ろに持ってくるんですね。

それにしてもチーズはかなり細かい。チーズについてもよく知っていないといけないですね。アメリカの人はチーズに詳しいようです。

 

この表現を覚えれば、いろいろなシーンで応用できそうです!

 

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

</p

1位:英語ぺらぺら君初級編

歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

1位 英語ぺらぺら君初級編

 「30日でマスター!海外旅行で役立つ英会話」でもご案内している、英語初心者のための学習法です。本当に英語力ゼロの人でも1つずつ確実にしゃべれるようになる実力のある教材です。しかも、英語教材ではあまりない良心的な価格なのも嬉しいですね。

 →【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

 

現在の日本人は、なぜ英会話が苦手なのか?

 

義務教育で誰もが英語の授業を受け、ちまたにはたくさんの英会話塾があり、英語を耳にする機会は多くあります。

 

実際、学生の頃の英語は得意で、テストの点数もよかった人も英会話塾に通い、そこではまずまずは話せていた人もいざ道で外国人に話しかけられると、とっさに答えられる人はほとんどいません。

なぜでしょう?

 

実は、学校で習う英語は、テストの点を取るためだけに特化した勉強法でしたそして、ちまたの英会話塾の講師は、実はほとんどがプロではありません。たまたま日本に住んでいる素人外国人講師 なんです。

 

英語はネイティブの外国人に習わないとちゃんとした英語は身に着かないなどという迷信のようなものは今すぐ頭からなくしてください。

 

本当に英語を話せるようになりたいのであれば、世界で活躍するプロの日本人に習うべきなのです。日本語には、英語に訳すことが出来ないような微妙な表現があります。その微妙なニュアンスは同じ日本人にしか分かりません。それが分かる日本人から英語は習うのがいいのです。

 

そして、本当に会話を習得するには、自ら発音すること。この練習が必要です。なぜなら、自分が喋れることは、必ず聞き取れるという法則があるからです。

 

英語ぺらぺら君は、そのポイントを押さえて練習することができるように作られているので、短期間で上達することが出来ます

 →【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

 

今まで、英会話塾に通ったのに、海外旅行では思うように喋れなかった人

ろいろな英語教材を試したが、身に着かなかった人、そして学生の頃から英語が苦手でテストの点も悪かったが、英語をぺらぺら喋れるようになって海外旅行を楽しみたい人、などに英語ぺらぺら君はおすすめです。

 

まったくの英語初心者でも短期間で英語ぺらぺらになるよう、楽しく簡単に学べる内容になっています。

 

今度こそは英会話をマスターしたいと思っている方に、ぜひおすすめします!

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

レッスン15:ホテルにチェックインが出来るようになる

レッスン15

タカシ君は空港からタクシーで、無事にホテルに着きました。

今回のゴールは「ホテルにチェックインが出来るようになること」です。

これも、海外旅行では必要な会話ですね。

ホテルのフロントでおどおどせず、スマートにチェックインしたいものです。

 

 

I have a resevashion for tonight.

和訳)私は今夜、予約をしているのですが。

 

have = 持っている を使って 予約を持っている=予約をしているとなります。

 

 

May I have your name?

和訳)あなたの名前をいただけますか。

 

 

予約をしていること、名前を言えること

この2つを言う事が出来れば、チェックインすることが出来ますね。

 

どちらもhaveを使った表現です。

have持っているだけでなくいろいろな使い方が出来るようです。

 

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

</p

レッスン14:タクシードライバーに行き先を告げることができる

レッスン14

空港で両替をしたタカシ君が、タクシーでホテルに向かうようです。

今回のレッスンのゴールは「タクシードライバーに行き先を告げることができるようになる」です。

 

これはまたステップアップした会話ですね。

 

あの狭い空間で一切の日本語が通じない。果たして目的地にたどり着けるのか…。

海外でのタクシーはもう不安で怖くて、今まで利用したことがありません(汗)

 

今回の表現もぜひともマスターした内容です。

 

 

How much dose it cost to go Manhattan ?

和訳)マンハッタンに行くためにいくらかかりますか。

 

How much = いくら これはよく聞く会話ですね。

さすがの私も知っています(笑)

 

そうか。乗る前にどのくらいかかるか聞いておけば

いったい、いくらかかるんだろう…?とドキドキしなくて済みますね。

海外のタクシーは、騙されて高額請求されるんじゃないか?

という不安がありました(汗)

 

 

It´s 65 dollars and the toll fee.

和訳)65ドルと高速料金がかかります。

 

これが聞き取れればちゃんと料金がわかりますね。

自分が発音できる英語は、聞きとることができる」法則があるので

しっかり発音練習しておく必要があります。

 

 

I want to go to Hilton hotel in manhattan.

和訳)私はマンハッタンのヒルトンホテルに行きたいです。

 

want to go to ~ = ~に行きたい はもう何度も出てきている表現です。

なんだ。自分が行きたい場所を告げるのは、もう知っていたんですね。

 

 

意外とシンプルなタクシードライバーとの会話内容に

ちょっと拍子抜けしてしまいました。

普段の会話は、同じ表現を使うものが意外と多いんですね!

 

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

</p

レッスン13:両替を出来るようになる

レッスン13

今回のレッスンは、空港の両替所での会話の続きです。

 

今回のレッスンのゴールは「両替を出来るようになること」です。

これが出来るようになれば、現地での両替も怖くありませんね。

 

I would like to change 10000yen to a dollars.

和訳)私は1万円をドルに替えたいです。

 

以前にも出てきたwould like to ~= ~したい

覚えていますよね。

今までのレッスンで使った表現は、いろいろな使い方ができます。

 

1万円101000を合わせて表現するんですね。

おそらく学生の頃に習ったんだと思いますが、すっかり忘れています(汗)

 

 

It would be 100dollars. How would you like that ?

和訳)100ドルになります。それをどんな紙幣にしたいですか。

 

I will take 50, and small change.

和訳)50ドル札と小銭をもらいます。

 

small 小銭という意味。小さいと訳すだけではないんですね!

 

 

なるほど。これも知っている単語でちゃんと会話ができるんですね。

英語って思ったほど難しくないのかもしれない。

 

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

</p

レッスン12:両替をする時のレートを聞けるようになる

レッスン12

無事に入国したタカシ君が、スーツケースを受け取り、両替をするところです。

今回のレッスンのゴールは「両替をする際のレートを聞けるようになること」です。

 

 

なんと!現地で両替をするなんて、ビビってできませんでした。

日本から必要以上たくさんの日本円を持って行ってました。

 

 

でも、両替が必要になることもあるかもしれないですよね。

 

 

What is today´s exchange rate for yen to dallar ?

和訳)円からドルにする、今日の両替レートはいくらですか。

 

We can give you 0.01 dollar per yen.

和訳)1円につき0.01ドルです。

 

なんだか頭を使う内容です。単語ひとつひとつは難しいものでは

ないのですが、会話の内容が内容だけに身構えてしまいます。

 

これはそのまま頭に覚え込ませたようがよさそうです。

 

 

レートを聞いたタカシ君、両替をするのでしょうか、どうするのでしょうか?

 

 

今回も、合間合間に過去のレッスンの文が組み込まれています。

とても内容の濃いレッスンに感じました。

これを覚えたら、1人で海外旅行に行けそうな気がしてきました。

 

 

よし!頑張るぞ~!!

 

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

</p